止血法

直接圧迫止血法

出血している部位に直接、きれいなガーゼやハンカチなどを当てその上から手もしくは包帯、三角巾等で圧迫止血する方法です。
片手で圧迫しても止血しない場合には両手で体重を乗せながら圧迫止血を図ります。
(止血を行う時は、感染防止のため血液に直接触れないように、ゴム手袋、ビニール袋等を使用してください)
 

間接圧迫止血法

主に手や足からの出血の場合、出血している部分より心臓に近い部位の止血点を手や指で圧迫して止血します。
間接圧迫止血法の指圧止血点

止血帯法

止血帯法は四肢に限って行う、最終的な止血法の手段です。
止血帯となる三角巾や包帯、スカーフなどを用意します。
止血帯をゆるめに結び、傷口に当て布を置きます。
棒などを入れ、手で当て布を押さえます。
止血するまで棒を回します。それから棒が動かないように固定します。
止血を開始した時間を記入します。

止血帯法を継続しなければならないなら、30分に1回緊縛を緩めて、血流を再開させます。

再開時間は1~2分とし、止血帯から先の皮膚が赤みをおび、傷口から血がにじみ出る程度とします。
腕の場合
足の場合